パソコン画面の明るさはどうする?

パソコンの画面からは、ブルーライトという光が放出されています。
このブルーライトは目に刺激を与えてしまう物で、目を疲れさせる原因の一つです。
一日中パソコン上で仕事をしていると、目がショボショボしてしまいませんか。
この疲れ目は、ブルーライトのような強い光を受け続けることでおこります。
目への負担を和らげる一つの方法として、画面の明るさを少し弱めると言うことがあります。
コントロールパネルなどで画面の明るさを調整することで、目が疲れにくくなると言われます。
また、エコモード、つまり節電モードにしても画面の明るさを抑えられます。
自分の目が疲れにくい明るさを探してみましょう。
また、ブルーライトを浴びすぎると、なかなか眠れないということも起こってしまうそうです。
目を大切に、上手にパソコンと付き合いたいですね。